超敏感HSPな人が前向きになれる場所

些細なことでも
すぐにドキドキしてしまう還暦(私)です

ましてや
騒音
混雑
賑やか
人混み
ゴチャゴチャ
している場所なんて近づきたくもない (≧△≦)イヤー

ということで
疲れが溜まると
家に閉じこもることが多くなる

最近は特に
ストレス過多
マイナス思考ぐるぐると反復中で
「引きこもり予備軍」状態

でも昨日は
急な用事で外出
さすがに
日曜ですから電車もそこそこ空いていて
通勤ラッシュのようなことはなく

外へ出るのも悪くないかな!

と思い始めた矢先
東京駅で下車すると

休日は通勤ラッシュ以上の混雑!

平日と休日の混雑は別物!

・通勤ラッシュは
「仕事先へ移動する人」が大半で
ある意味流れがスムーズ

・休日の混雑は
移動する人・買い物する人・迷っている人」などなど
様々な人が
様々に行動するのでゴチャゴチャ

ここを通過するストレスは
通勤ラッシュの比ではない

なんてことに気づくのも
敏感人らしい?・・・

仕事が終わり
また東京駅へ戻る

疲れついでに
折角だから
ちょっと本屋「丸善」へ

休日の丸善は
当然混んでいたし
月末の夕方だったので
本の入れ替え作業で更にゴチャゴチャ!
書店員さんも忙しそうだったし

何となくブラブラして
結局、何も買わずに帰った・・・
疲れが更に増して・・?

本屋で元気をもらえる!

丸善も混雑していて
超敏感人間にとっては
疲れる場所のはずなのに・・・?

疲れるどころかかえって元気になっている?!(^_^)

そもそも
休日の夕方の仕事帰り
何故本屋に行こうと思ったのか?
特に買いたい本があったわけでも
なかったのに・・・

と、ここまで考えて

元気になれると知っていたから
(誰が?)

本屋へ向かったのでは・・と!

自己啓発本のコーナー
前向きになれる本の題名
ビジネス書のコーナーには
勉強しようという前向きな人々が
何冊もの本を抱えている

こんな
前向きな本達や人々の
エネルギーをもらったから?
かな?

本屋は元気をもらえる場所と認識

混雑しているところ ≠ 疲れる

混雑しているところは
全て疲れる場所だと
思っていたけど・・・
嬉しい発見!

そういえば映画「クリムト」を観たときも
元気になれたのは
映画の内容もそうだけれど
「クリムト」の映画を観ようという
人たちの「気」をもらったから?

丸善の帰り
元気になった還暦は
奥様へのお土産(駅弁)を買おうと
東京駅に突入したものの
殺到する人々の反撃に遭い
丸善でもらった元気を
使い果たしてしまった・・・残念!