熟年夫婦・喧嘩回避 最初の6秒をやり過ごし「奥様のご機嫌をとる(^_^)」

セミリタイヤした還暦です

セミリタイヤして自由な時間が増えました
ゆっくり休んで疲れをとったり
平日の
昼飲み・温泉旅行・映画鑑賞・美術館巡り等々

自由な時間を満喫しています

とはいえ
そうそう毎日出歩く
という訳にもいかず

夫婦2人
狭い家の中で
丸1日過ごす機会も増えました

お互い
気持ちよく生活できれば
と思うのは当たり前です

いつも機嫌良くニコニコと・・・
もちろん
これが理想ですが

日々の体調は変化します
どうしても
機嫌の悪い日があるのも仕方ない

更に
お互い機嫌が悪い日が重なると・・・

まあ
言いたいことを言ってスッキリ
お互い笑顔で解決!
なんて大人の先輩夫婦も
大勢いらっしゃるのでしょうが

相手の言葉に「カチン!」ときて
言い返すと
更にエスカレートして・・・

となると
狭い家の中で
お互い嫌な思いで1日を過ごす羽目に

我慢するのはかえって良くない!
本当にそうか?
ならば、あのひと言で
スッキリ解決したのか?

やっぱり
我慢した方が良かったのでは?
などなど

これでは
仕事で
嫌な同僚とのストレスに
晒されていたあの頃と
変わらない!

まぁ仕事の時との違いは
なんだかんだで
長年の付き合いの熟年夫婦
何となく
時間が解決してくれる?
のですが・・・
その解決方法はいつまで有効?

6秒ルール アンガーマネジメント

最近よく聴く言葉です
わたしは
テレビの「ワイドナショー」で
前園さんが
自分の体験を話したことで知りました

結論 怒りのピークは6秒!

この時間をやり過ごせば、余計なひと言を言わないで済む
あれこれこちらの言い分もありますが
ここはぐっと我慢して
厳しければ
とりあえずその場を離れて危険回避

しばらくすると
「このことは言わないでもいいかな」となる

・そのひと言を言ってスッキリする?
ことと
・その後の関係悪化!
を天秤にかけると
もういいかっ!て感情になる

週刊誌の見出しに
「切れる老人」
「高齢者クレーマー」

最近話題の
カスハラ(カスタマーハラスメント)にも
「男性シニア世代からのクレームが圧倒的に多い」
というデータがあるそうです

となると
これは
夫婦だけの問題に留まらず
今後
様々な人たちのお世話になりながら
生きていくであろう還暦(私)が
絶対に身につけなければいけないスキルの1つ!

だと痛切に感じた次第です

まずは
熟年夫婦で実践練習!
怒らない、怒らない!

上機嫌でいきましょう(^_^)

オト:
何か人間は色々と面倒でしゅね~~
困ったときは寝るのが一番でしゅ(=^..^=)ミャー

コメント

  1. 初めまして。
    仰るとおりだと思います。
    60を越えても真の大人に成り切れてない
    部分も残ってしまいますよねっ。
    僕も気を付けてます。

    • 還暦DEBUT より:

      コメントありがとうございます(^_^)

      何十年一緒に生活していようが所詮は「赤の他人」
      というか
      血のつながりのある親子だって
      色々なトラブルがありますから!
      「親しき仲にも礼儀あり」の精神でこれからも
      勉強させて戴こうかと思っております

      還暦Debut