ディチェコのパスタとボロネーゼは相性抜群(^_^) 料理Debutしましょう!

ディチェコの中でも
ボロネーゼにぴったりだと思うのが

No.7リングイーネ

標準ゆで時間は12分

ディチェコ リングイーネNo.7/500g

こちらはディチェコのショートパスタ

No.50コンキリエ リガーテ

標準ゆで時間は13分

フォークやスプーン
またはお箸でも
を使って片手で食べられるので楽!
ワイン片手につまみやすい(*´∀`*)

ディチェコ ショートパスタ コンキリエリガーテ NO.50/ 500g

落合式 作る前の基本姿勢

うまい料理は冷めてもうまい

アルデンテに茹で上がったスパゲッティはたしかにうまいけど、じゃあ、茹ですぎてしまったらもうだめか、と言えばそんなことはない。
だいたいアルデンテの歴史だって浅いんだし、その昔はイタリアだって、朝一度に麺を茹でて、注文が入るごとに温め直していたんだ。
ぴったりの塩加減で茹でられた麺を、びしっと味の決まったソースであえれば、多少茹ですぎていたって、時間がたっていたって、ちゃんとおいしい。

だから

最初のうちはてきぱき作れなくっても、きちんとレシピを読んで、なるべく忠実に作って欲しい。

ひとつひとつの過程ができるようになれば、アレンジなんていくらでもきくからだ。
ただ、店ではそういうわけにはいかない。麺を湯に入れる直前や
麺をあげる瞬間は、慣れていたって緊張が走る。

やっぱりホントのとこ
アルデンテのスパゲッティが文句なしにうまいからね。

引用 ラ・ベットラの定番スパゲッティ
落合 務著  幻冬舎

落合 務さんのレシピ本
なんだけれど
その範疇に収まらない魅力がある

あちこちに
さりげなく書かれた言葉が
染みる

料理にはまる
きっかけになった本

ラ・ベットラの定番スパゲティ (ふたりでごはん) [ 落合務 ]

この本に背中を押されて

最初のうちは
ソースが
来上がらないうちに
ゆで時間が
過ぎてしまったり

塩を入れ忘れたり
多すぎたり

本当に
バタバタしていたけど
基本に忠実に作っていた

おかげで
今では目をつぶっても
(これは誇張!)
作れるようになって
様々にアレンジして楽しんでいる

パスタの茹で方

1 2リットルのお湯を沸かす

2 沸騰したら大さじ山盛り1の塩

3 パスタを入れ大きく混ぜる

4 ゆで時間の1分から30秒前ぐらいでザルにあけソースと混ぜる

これが基本の茹で方

細かいポイントは

・大きな鍋でお湯を沸かす
理由:2人前で最低2リットル必要

・塩をしっかりと入れる
理由:1リットルにつき10gが目安。使用する塩や好みに合わせて量を増減
好みもあると思うけど自分はサラサラしている海外のものが好き
そんなに高くなくても美味しい
このゆで汁はソースの味付けにも使う
量は好みだけどだいたい100~150ccくらい?

最近はこちら「南の極み」が好き!

・塩の投入は沸騰してから
理由:沸騰前に塩を入れてしまうと沸騰時間が延びる

・パスタを入れた後は、パスタをあまりいじりすぎない
理由:表面の溝が取れてソースが絡みにくくなる

料理Debutしましょう!

数年前まで
カレーさえ作れなかった

きっかけは色々あったが
突き詰めれば「自立」

だって食事は毎日のことだし
自分で作れなければ
外食とか誰かに作ってもらうとか
レンジでチンするとか

それもいいけど
料理する
という行為自体にも特別な意味があるような気がする

疲れていたり
落ち込んでいたりした時も
誰かのために
料理を作ってあげると
不思議と元気になっていたりもする

まだ料理未経験の方には
私からも
背中を押してあげたい!

料理Debutしましょう!

お薦め本

ラ・ベットラの定番スパゲティ (ふたりでごはん) [ 落合務 ]

暦Debut 健康関連「お勧め記事」

狭心症発症から続けている健康習慣! 眼底検査の結果からも「健康状態は良好を維持」

「目の奥に光が見える!」のは老化現象(^_^)だった。でも今後も注意が必要!!

光が見える(?_?) 眼の病気?

暦Debut 料理関連「お勧め記事」

「味ぽん」を使った「究極のレシピ集」 究極?

「味ぽん」を使った「究極のレシピ集」究極? 後半

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
↑ よろしければクリック お願いします

 無水鍋は手軽に美味しい料理が作れます

外科医、内科医も愛用のドクターズサプリ

深い休息、スッキリな朝【Dr’sラフマ葉GABA】

【TOMIZ(富澤商店)オンラインショップ】お菓子、パン作りの材料の専門店