生活改善プラン カロリーよりも糖質を気にしろ! 糖質制限についての体験的見解です!

昨日の夕食!

カロリーと脂の多い豚肉の燻製

をガッツリ食べて
体重は順調に減ってます!

糖質制限は危険なのか?

糖質制限については
様々な説が飛び交っています
肯定的なものから否定的なものまで

自分も最初は否定的立場でした
こんな偏った食べ方していたら
太るし
血液はドロドロになる!
危険!危険!

しかし
あることがきっかけで
狭心症の再発防止のために
自己責任で始め
今では確実に
その健康効果を実感している一人です
ただし
糖質制限を始めた頃は
まだ信用できずに恐る恐るでした
妻からも反対され
事あるごとに口喧嘩状態!

このごろは
糖質制限も落ち着いた印象で
一時的なブームで終わった
多くの「○○ダイエット」とは確実に違う
最近では
糖質オフの商品が増えてきているのも事実です

専門家の方のご意見はともかく
世間一般の方々に認知されている
という証拠だと思います

ただし
ダイエットに効果的であるのは事実ですが
自分としては
「糖尿病予防」「動脈硬化予防」などの健康維持

が糖質制限をする最大の理由です

ということで
糖質制限に関して体験的に感じたことや
これまで学んだことなどを書いてみました

気をつけるのは「カロリーよりも糖質の量」

ご飯  100g( 168kcal)

豚バラ 100g( 252kcal)

ご飯と豚バラ肉
以前の私でしたら

同じ量なら
カロリーも少ないし
脂も無いヘルシー
ご飯のほうが健康にもダイエットにもいい!
と答えていました

そもそも
ヘルシーって何だ? 
「健康に良い」という意味で
「低カロリー」という意味ではない!!

狭心症と診断された後は
極力、肉や油を控え
それこそ
ご飯に魚や野菜など
低カロリー低脂肪
世にいうヘルシーな食事
好きなアルコールも極力控えて
努力を続けていたにも関わらず
狭心症は悪化を続け
冠動脈は閉塞の一歩手前まで!
結果、ステント手術をしました

あれだけ
食べたいものを我慢したのに
努力が報われない!

「健康に良い食事ってなんだ?」
「理論そのものが間違っているのでは?」

そこで藁にもすがる思いで始めたのが糖質制限です

今では
カロリーなどは一切考慮せず

たんぱく質
脂質
食物繊維(不溶性、水溶性)
発酵食品

を意識して
食材を選んでいます

糖質無制限で
体重増加傾向のこの頃は
特に
たんぱく質をしっかり摂取!

昨日も豚肉の塊を
ガツンと食べて
もちろん糖質は無しで
今朝の体重は減!

近い将来 肉はヘルシー! が常識になる。

にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村