狭心症でステント!4年目に突入!

還暦Debutして早や1年
とりあえずここまで無事に過ごしてきました
そしてこれからも・・・・

今どきの60歳はまだまだ若くて健康ですよ

そうは思いますが
だからと言って
若い頃のような無理もできなくなったし
日頃から健康についても
気をつけていかないと
この先、大きなツケを払うことになりそうですから

ましてや私は
4年前
狭心症でステントを入れてる身ですから!

より気をつけていかないと
2本目のステント挿入なんてことにもなりかねない!

という事で
これまでの経緯を再確認すると
ともにこれから気をつけておきたいことを
書いていこうかと・・・・。

健康診断 心電図で異常値

健康診断は毎年きちんと受診しています
・メタボリックシンドローム
・高脂血症
・高血圧
・糖尿病予備軍

このあたりが常連の要注意項目
高血圧の薬は止められなくなるからと
拒否していましたが
さすがに心配になって
数年前から降圧剤を服用するように
それなりに塩分摂取を控え
それなりに食事に気をつけ
それなりに運動をしたりしなかったり

残念ながら薬をのんでも
血圧は下がらず
自慢できるほど健康でもないけど
重症でもない

歳をとれば血圧も上がる
高血圧でも大丈夫!
なんて雑誌の特集記事を読んで安心したり

そんな
2012年12月
健康診断の心電図で再検査

以前にも一度
心電図で要検査になったことがありましたが
再検査の結果は異状なし
今回もそんなことだろうと
紹介状を持って
地元の総合病院で再検査をすることに

地元の総合病院で精密検査

地元の総合病院
循環器内科で再検査をすると
心臓の冠動脈に造影剤を入れて精密検査をする
との事に

冠動脈?造影剤?

耳慣れない言葉の連続でしたが
要するに
左手首の動脈から冠動脈の入口まで
カテーテルという細い管を入れ
そこで造影剤を注入してX線でビデオ撮影
また心臓内の圧を測定したりして
狭心症の有無や程度を判断します

初めての心臓カテーテル検査

心臓カテーテル(管)は
基本、手首から入れますが場合によっては
脚の付け根から入れる場合もあると説明されました
どんな場合に脚から入れるのかは確認しませんでした

手術室に入ると
大きな手術用の寝台に
何本ものアームが伸びその先端には
モニターが付いていたり
X線の装置?他は分かりませんでした

2段ほどの段を上り手術台に
ここへ横になるのは人生で2度目ですが
これほど多くの機器に囲まれた大掛かりな手術室は初めてです
スタッフの方も大勢で
それだけでも
何やら凄いことが
何やら恐ろしいことが始まる!
そんな緊張感で一杯でした

慣れた看護師さんが
優しく話しかけてきて準備が進められていくのを
心強く思いながらも
ドキドキと心臓の音が更に大きくなってきたころ
いよいよ、検査スタート!

麻酔はカテーテルを入れる左手首のみです
注射針の痛みと共に
麻酔が効いてくる左手首に何かが差し込まれる感じ

後から看護師さんに聞くと
この時、カテーテルを入れるための管?を手首の動脈に入れたらしい
恐ろしいくらい太い?から見ないほうがいい
と言われました

麻酔は効いているものの激しい痛み
ちなみに、この後手術や検査も含めて3回カテーテルを入れていますが
この時が一番痛かった。最初だから緊張してた?

続いて何やら細長いもの(カテーテル)が動脈に挿入された模様
麻酔は手首だけなので
検査中の様子はすべて分かります
左手首は見えないように囲われていますが
先生の動きや感覚でなんとなく

アッ!カテーテルが左腕の上腕の辺りまで入ってきた

そんなことも分かります
そして
「今から造影剤を入れます。ちょっと体が熱く感じるかも」
造影剤が入った瞬間
確かに、ちょっと温かい液体が流れた感じかな?

造影剤の副作用もなく無事に検査は終了!

1時間もかかっていない。
終わってみれば、歯医者の治療のほうがストレスが多い感じでした。
もうスタッフの方は
次の検査の方の準備が始まっているようです。
手慣れた感じで(もちろん油断しない範囲ですが)安心。
もう次の患者さんが待機しているようす

検査結果は?!

その後、手術着のまま、すぐに手術室脇のモニターへ
妻も呼ばれて一緒に検査結果を聞きます

モニターには心臓の動画が
細長く見えるヒモのようなものがカテーテル
カテーテルの先から造影剤が流れ出し
心臓の血管を通っていくのが見えます

先生からの説明をまとめると

・白く写っているのが詰まっている所(石灰化 動脈硬化)
・白い所は何か所かに見える
・冠動脈の1本が狭窄している 60%
・細い血管は何か所かで詰まっているが、細いものは問題ない
・すぐにステントを入れるなどの手術は、まだ必要ないが服薬して様子をみる

という結論に(以下、続く)

狭心症関連 以下の記事も是非!

還暦Debutして間もなく1年です

狭心症でステント!4年目に突入!

心臓カテーテル検査で狭心症が見つかって、結局、ステントを入れることになるまで

ステント手術 2013年8月13日

心臓ステント手術後 プラビックス錠 バイアスピリンの服用はじまる

血栓をできにくくする薬の説明書「プラビックス錠を服用される患者さんへ」

抗血小板薬で鼻血が止まらない!耳鼻咽喉科でも手出しできず!

解決!抗血小板薬で鼻血が止まらない方は必見!簡単・安全に鼻血を止める!その画期的な方法を初公開!


にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ

にほんブログ村

♥ おまけの画像 今日のおとちゃん ♥

還暦:おとちゃん!今日は「コツメカワウソ」の被り物用意しました!

おと:別に、頼んでないでしゅ?

還暦:君のファンがね、是非、被ってほしいって!

おと:あの~困るんでしゅけど!マネージャー通してもらえましぇん?

還暦:┐(´-`)┌