南部鐵器フライパンで鉄分補給

南部鐵器のフライパンでボロネーゼを作っています。
鉄分不足を補うため購入しました。

今回はフライパンというより
お湯を沸かしたり
煮込み料理をする鍋
という使い方をしたいため
フライパンでもちょっと深めのものが欲しくて

あれこれ探しているうちに
まずは国産のものがいい
という結論に
となれば、やはり南部鐵器が有名

で結局
岩鋳というメーカーのフライパン
を購入することにしました。

これまでも
鉄のフライパンは使ったことがありますが
すぐに焦げ付いて使い難い、という印象でした。

でも、使ってみると
南部鐵器は肉厚のか
熱が均等に伝わる感じで
肉などを焼いても焦げ付くようなことはなかったです。
更に、柔らかく焼ける印象
今回、作ったボロネーゼもしっとりした仕上がりでした。

重さは1.8㎏ちょっと。
片手で扱うには厳しい重さ。
ただ取っ手の反対側にも突起があるので
鍋つかみを使って、鍋のように両手で持ち上げるのは可能。

ということでボロネーゼも完成!
味もさることながら、鉄分も補給できるということで
今後、様々な料理に挑戦したい
という気持ちにさせてくれる道具です。


鉄 18mg